引越しは荷造りを自分でする場合、どの荷物をどのように梱包するかを考えて、効率よく行うことが大切です。
時間に余裕をもって少しずつ行うことも重要です。
業者から段ボールを無料でもらえる場合は、できるだけたくさんもらうようにお願いしましょう。
余るくらいがちょうど良いですよ。
さらに、サイズがそれぞれあるようなら、使わないかもしれないと思うようなサイズの段ボールも、それぞれ同じ枚数もらっておきます。
引越しを今まで経験した人ならわかりますが、荷造りの時は、衣類など比較的軽いものは大きめの段ボールに、食器やガラス類など壊れやすく重いものは小さな段ボールに入れるのが鉄則です。
全部大きな段ボールに詰めればいいや、という風にどんどん入れていくと、重すぎて持ち運べませんし、重量オーバーで段ボールに穴が開いたり、底が抜けてしまって中身が出てしまったり、壊れたりする原因になります。
梱包しながら、自分で持てる重さかどうかを確認して荷造りをしていきましょう。
隙間があっても、もうこれ以上入れるのは重すぎて無理だと感じたら、そこでストップして、新しい段ボールに詰めていきます。
また、段ボールに空間を作らないようにすることも大切です。
緩衝材があればそれを上手に利用します。
もしなければ、丸めたタオルや衣類、新聞紙などを代用してもいいでしょう。
特に壊れやすいものは、緩衝材で1つ1つ包んで、さらに段ボールにできた隙間も緩衝材で覆ってしまうようにするのが上手な荷造りのコツです。