引越しといっても、単身で、家族で、といろいろありますが、その中でも一人暮らし中のカップルが結婚で新居へ引っ越す際は、やり方次第で費用も手間も大きく変わってくると思います。
二人がそれぞれ引越し業者を使って、持ち物全部を運ぶのはムダが多くなります。
また費用も二倍のうえ、二人では使えない家具や家電があったり、重複する家電があったりして、結局処分することになりかねません。
まずは、新居で何が必要か考え、お互いの家具や家電で使えるものを検討します。
結婚を機に新しい家具や家電を購入するなら、今まで使っていたものは引越しの前に処分することです。
処分するものが多ければ、リサイクル業者に引き取りに来てもらうのがラクでしょう。
自分で運べるなら、リサイクル店への持ち込みもできます。
友人などで必要としている人がいれば、譲ってもいいでしょう。
私の場合は、洗濯機・冷蔵庫・ベッドなどは一人用では不便と思い、新規に購入しました。
ほかにも、もう着ることのない衣類や、使わない靴・鞄などは思い切って処分。
マンガなども古本屋で処分しました。
そうやって不要なものを処分してしまえば、運ぶものはびっくりするほど少なく、衣類や小型の調理家電程度。
一人暮らしの時は収納もカラーボックス程度でしたので、結局業者にお願いするほどでもなく、自分の車で運ぶことができました。
移動した後もムダな荷物がないので、スッキリした気分で新生活が始められて一石二鳥ですよ。