引越し体験者ならば、ご経験があるかと思いますが、いざ自分でパッキングを開始しはじめると、「あれ?私ってこんなに物もちだったっけ?」というほど、ダンボールが足りなくなったりします。
業者さんから頂いたダンボールだけでは足らず、かといって追加購入すると、ますます費用がかさんでしまうので、少しでも沢山詰めようと、ぎゅうぎゅう詰めにして、反ってダンボールを壊してしまったり、当日作業する作業員さんにご迷惑をかけるほど重くなってしまったり、します。
少しでも経済的に効率よく引越しを完了させようとするならば、まずは「いらないものは捨てる!」に限ります。
そして、いらないものでお金になりそうなものは、売ってお金に換えるのが得策です。
こうして少しづつ荷物を減らしたら、今度は今あるものを、上手にダンボールに収めるように努力する事が必要です。
緩衝材などを利用してパッキングする方が多いと思いますが、無駄に緩衝材を詰め込むよりも、靴下や、タオル、マフラーなど、緩衝材代わりにつかえそうなものを、食器などと一緒に入れてしまう、というのも手です。
新居に到着したら、いずれにせよ、大体のものは洗濯するわけですし、隙間を有効利用し、かつ緩衝材の役割も果たす、という事で、私的には、これはかなりダンボールと緩衝材の節約になっています。
ダンボールが足りなくなってしまった時は、薬やさんなどにいくと、結構厚手のダンボールがあったりするので、事情を説明すると、少し分けてもらえる事があります。
なるべく安くお得に仕上げる工夫をしましょう。