引越しは、新しい生活を迎えるためにするものであって、そうして新生活はなるべく、新鮮で気持ちの良いかたちで迎えるようにしたいものです。

せっかくの新しい住居に住んだというのに、まだ、荷物の整理ができていなくて、部屋の片隅に、ダンボールが積んであるというのは、あまり気持ちのいいものではありません。

なるべく、早く荷物の整理はした方がいいのですが、しかし、引越しのさいに、荷物の詰め方が悪いせいで整理を効率よくできなくて、そのままになっているというケースが非常に多いのです。

新しい住居で効率よく、整理ができるようになるためにも、前もってきちんと荷物をつめるようにしておかなくてはなりません。

まず、ダンボール等には、無理に詰め込み過ぎないようにしましょう。

詰め込みすぎると、下の方になった荷物を取り出すのに、手間がかかってしまいます。

その下の方の荷物を取り出すために、上の荷物を取り出すということしなければならず、非常に手間がかかります。
スカスカにつめるのも問題ですが、詰めすぎるのもあまりいいとはいえません。

また、ダンボールには、きちんと、この箱には何が入っているのかというを書いておきましょう。

いちいち中を見て確認しなければならないとなると、とても手間がかかります。

きちんと中身が何かというのを書いておけば、運搬の際にも、効率良く運ぶことができますし、整理も楽になります。
そうしたちょっとした工夫で、後々の整理がとても楽になるのです。