引越しをするタイミングというのは不用品を整理する一つのチャンスです。

日ごろはいらないものをためこんでしまうという性格の方も、少しでも荷物を減らすために思いきって整理してみましょう。

荷物を減らすことで業者に払う代金が減るということもありますし、新居での生活も快適にスタートさせることができます。

まず、大型家具に関しては、新居に持っていかなくていいものもあります。

最近の家には大型クローゼットがついているということがよくありますので、タンスに関しては処分してもいいでしょう。

ベッドも必要かどうかということは新しい生活のスタイルによります。
たたみに布団をしいて寝るスタイルにかえるのであれば不要ですね。

また、子供が小さいときに使っていたベビーベッドなどはもう使うこともないかと思います。

こうした大きなごみはまずリサイクルセンターの方が家まできてくれて見積もりをとってくれることがありますので、相談してみましょう。

売れるものが売ったおうがいいです。

自治体が曜日を決めて回収してくれるというところについては、計画的に荷造りを進めてその曜日に出してから移動できるように手配しましょう。

ですが、どうしても間に合わなかったというケースがあるかと思いますので、そういった時には自治体の運営する処分場まで自分が持っていくということになります。

ただし、重さに応じて有料になってしまうことが多いので、なるべくなら無料で引き取ってもらうか売る方向で検討しましょう。
必要あれば友人に譲るというのもいいですね。
業者にたのむと有料になってしまいますのでそれは最後の手段です。