引越しをするときに子供に関しては注意が必要です。

まず、業者は大きなトラックできますので、興味があるからといってその車の周りに行くのはとめるようにしないといけません。

大型車両の近くというのは死角もたくさんあり、非常に危険です。

そして、家具や家電を動かすときに、子供が走り回っていると非常に迷惑です。

特に、冷蔵庫や洗濯機は重さがあるので、業者の人というのも大変な思いをしていまう。

自分が運ぼうとしていた道の途中に子供がいると運べません。
作業の効率も落ちてしまいます。

そして、何よりも怪我をする可能性がありますので、小さな子供が走り回るようなことがないようにしましょう。

子どもが日ごろ好きなおもちゃや本を与えて興味をおもちゃにひかせ、おとなしく引越しを終えるようにしましょう。

また、子供のおもちゃというのはいつの間にか増えてしまっていることも多いので、お友達にあげたりして整理するというのも良いアイデアです。

近くのお友達に家まできてもらってほしいものをあげて、それ以外は処分するというのもいいです。

もちろん、好きなおもちゃに関しては残すべきですが。

乳児の場合は授乳をしたりおむつを替えたりというタイミングが短いこともあり、とても大変な作業になることは間違いありません。

実家を頼ったり、知り合いのところで母親のみは待機というのも一つの選択肢として持っておきましょう。

ただし、手伝いができるような年齢になってきたら積極的にお手伝いをお願いしましょう。